haku+

haku+

NEWS

旅の記録 福島へ

先日お休みをいただき、福島へ行ってきました。

まずは飛行機で仙台までびゅーんと。

飛行機から富士山の頭が遠くに見えました。

ひさしぶりの仙台。

会社員時代、2か月に一度は出張で来ていた、懐かしい場所。

8年、9年ぶりかも‥?

少し時間があったので、光原社さんへ立ち寄ることにしました。

あたたかいおもてなしと、楽しいおしゃべりと、ステキなものがたくさん並ぶ空間。

お正月のしめ飾りと、古い布、その他もろもろ細かいものを買いました。

もちろんくるみクッキーも!🐴

その後、福島へ。

途中、行きたかったパン屋さんに立ち寄ってもらい、欲しかったパンを買いました。

南相馬市の原町にある、原町製パン。

お目当ての「よつわり」と「シンプルハンバーガー」

懐かしいビジュアルがいい。そして美味しい!

震災後、営業再開してから一日も休まずにお店を開けられているそう。

地元の人に愛されるパンを作り続けることが、復興につながると信じて働く。

そんなあたたかい気持ちのつまったパンを手にし、ほくほくした気持ちでいざ目的地へ。

—–

福島に来たのは理由がふたつ。

ひとつは、大好きな人たちが作ったお店を見るため。

遠く離れたこの場所で、ずっとあたためてきたことがやっと11月10日、カタチになりました。

本当にうれしい!おめでとうございます!!

gatehorse
古道具・生活雑貨・陶器・家具・照明
976-0037
福島県相馬市中野反町前4
℡0244-32-1444
@g.h111_
※通常は完全予約制〈要TEL〉
※不定休〈日・祝 定休〉

—–

翌日、早起きをして相馬の海へ連れて行ってもらいました。

大きな津波がきた、この場所。

自分の目で絶対に見ておきたかった。

福島に来たもう一つの理由はこれ。

阪神大震災を経験したからこそ、震災に対して色々思うことがある。

津波は経験したことはないけれど、大切な人を亡くす痛みは経験しているから。

海岸線はきれいに整備され、とてもきれいになっていました。

海沿いの道は更地になっているところが多く、景観も以前とはずいぶんと変わってしまったそうです。

この景色をずっと忘れないように。

穏やかな美しい海を目に焼き付けました。

—–

その後、いわき市まで。

お目当てのお店「ゼリーのイエ」

過去に何度かお取り寄せしていた大好物のゼリー。

実際にショーケースにたくさん並んでいるのを見てテンション上がります。

(ひとつ280円のゼリー屋さんで、10,000円以上使いました。笑)

—–

お昼ごはんは近くのラーメン屋さん。

海老ラーメン!スープがめちゃくちゃ海老でした。美味!

その後、相馬に戻る途中、帰還困難区域となっている町を通りました。

震災でダメージを受けたあの福島原発からわずか数キロしか離れていない小さな町。

たしかににぎわっていたであろう国道沿いのお店は、時間が止まったかのよう。

あらゆるものが劣化し、雑草や伸び放題の木々に飲み込まれる建物たち。

人は帰還困難区域の入り口に立つ、防護服を着た警備員さんだけ。

本当に誰もいなくて、静かで、異様な光景でした。

写真は一枚もありません。

あまりにもショックで写真を撮るということ自体、頭にありませんでした。

—–

帰りにもう一度、海へ。

朝の海とはまた違った景色。ちょうど夕暮れ時できれいなグラデーションな空。

色々と思うことがあった福島への旅。

たくさんの情報に惑わされないように、自分の目で見たものを正しく伝えたい、と思う。

いつまでもこの美しい景色が、残りますように。

ありがとう、福島。またいつか。

 

 

 

 

NEWS

RECENT NEWS

CATEGORY

ARCHIVE

CLOSE