haku+

haku+

NEWS

香川への旅

香川といえばうどん。

香川に来たなら朝早くから行動して、うどん屋さんをはしごするのが鉄則。

太陽が昇る前に出発し、お腹をすかせて家を出たので、1杯目はがもうと勝手に決めていた。

大好きながもうのうどん。やさしいお揚げさんが体中に沁みわたる。

あぁ、香川県民がうらやましい。いつも思う言葉。

2件目は、なかむらうどん。

あまり時間がなかったのでご近所で。

レモンをぎゅっと絞った冷かけはさっぱりとして夏の味。

こちらではちくわ天トッピング。

そのあと、開館と同時に訪れたのは、猪熊弦一郎美術館。

丸亀駅の目の前にあって、買い物帰りの人や近所の子供たちが気軽にふらっと寄れる場所。

せわしない現代社会において「心の病院」として美術館は欠かせないもだといのくまさんは考え、作った。

たしかに、過去に何度も足を運んでいるけれど、ここに来ると不思議と色々なもやもやが吹き飛んで

リセットできるような気がする。

「美術館は心の病院」 とってもいい言葉だ。

美術館を後にして、高松市に向かう途中に立ち寄った坂出人工土地。

坂出市民ホールは残念ながら閉まっていて中は見れず。

おひるごはんは、町の洋食屋さん「おなじみ」

14:00 閉店だったのに、13:50 に着いた私たちを快く迎えてくださり、感謝。

U字になったカウンター劇場は、いつみても惚れ惚れする。

あぁ、香川県民がうらやましい。(2回目)

食べ終わって外に出たら暖簾がしまってあったので、暖簾なしの写真。

食後のデザートは、扇町喫茶へ。

というか、本当に扇町喫茶という名前なのだろうか。

看板も何もなく、外からはすだれが吊るしてあって中が見えない。

あ!大きなソフトクリーム発見!これが目印ということか。

昔ながらのかき氷。

他には、アイスモナカやソフトクリームもあった。

いつの間にか撮られていた。(かき氷は時間との闘い。必死!)

そのあとは市内をぶらぶら。高松港にも立ち寄り。

パンダフェリー見たさに、待合室で涼む。

観光客ばかりでなく、地元の足としてフェリーは欠かせないもの。

サラリーマンや学生たちが降りてきて、なんだかほっこり。

そしてお待ちかねの晩ごはんの時間。

高松の夜はいつもおふくろ。私の中でそう決まっている。

あぁ、いいお店だ。並ばずに入れたことが奇跡。

(今の時期は外が明るいから19時までは空いているらしい。ナイス情報!)

カツオのたたきと、小エビの天ぷら。そして豚汁。

あぁ、香川県民がうらやましい(3回目)。

旅ベーグルさんが臨時休業だったことがとても残念だったけど

また香川に行く理由ができたので、それもまた良し。

弾丸ながらも色々とまわって、充実した休日になりました。

今回もよい旅だったなぁ、ありがとう。

NEWS

RECENT NEWS

CATEGORY

ARCHIVE

CLOSE